入れ歯によって表情も変わりますよ


入れ歯を持っていても、「面倒くさい」 「合わない」などの理由で、入れ歯をしなくなってしまう人も多いようですね

でも、入れ歯を外していると、みな同じ顔に見えてしまうことがあります。

口に周りの独特なしわがより、口元がすぼまった、いわゆる「梅干し顔」です。

しかし、自分にきちんと合った入れ歯をしていれば、口元が引き締まり、表情が豊かになり、印象も若々しくなります。

それに、言葉もはっきりするので、他人との会話も楽しくなってきます。

入れ歯は失った歯を補って食べられるようにすることだけが役割ではなく、その人の個性や表情を取り戻すための道具でもあるのです。 入れ歯は一生ものではなく、使っているうちにだんだんと合わなくなってくることもあります。

特に入れ歯に不具合がなくても、半年から1年くらいで、入れ歯の定期検診をするようにしましょう。

大阪で訪問歯科を探すなら

訪問歯科サービス


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ

●Main Content

 

  >ホーム

 

  >治療方針

 

  >診療内容

 

  >訪問エリア

 

 

●Information

 

  >よくあるご質問

 

    最新情報

 

    歯科・訪問歯科用語集

 

 

 

Copyright ©  訪問歯科サービス All rights reserved.